家庭教師の仕事って何?

コミュニケーション

生徒とのコミュニケーションを上手にとることが家庭教師として円滑に働く上で重要な意味を持っています。そのため、第一印象を良いものにすることが肝心です。出だしから授業の話題をするのではなく、雑談から徐々に親近感を演出するのが良いでしょう。得意科目や苦手科目などを聞くだけではなく、趣味や特技、将来の夢など、その生徒がどのような人物なのかを知るような質問をするように心がけましょう。

また、質問をするときには「はい」か「いいえ」で答えられるように質問をしてあげると会話が続きやすいです。また、志望校や志望学部に在籍していたり卒業していたりすると、自分の体験と交えて教えることができるので説得力が増し、コミュニケーションが取りやすくなります。自分の経験を生徒にシェアすることで会話が盛り上がります。

また、しっかりと褒めるようにしましょう。緊張している状態のまま叱り飛ばすような指導をしては萎縮してしまい、授業が嫌になってしまいます。授業をすることが楽しいと感じるように、何か良いことが起きたらこまめに褒めることが大切です。家庭教師を頼んでいるということは、勉強に対してモチベーションが高い状態である可能性が高いです。そのようなモチベーションを無くさないようにしてください。